“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02
“The Engineer”  ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02

“The Engineer” ARTISAN LEATHER ENGINEER BOOTS - 232OJ-FW02

Regular price ¥96,000 Unit price  per 

Shipping calculated at checkout.
DESCRIPTION
久しぶりのリリースとなるエンジニアブーツ。 装い新たに今のムードに基づいた様々なアップデートが施されています。 レザー黎明期の1930年代頃のものをベースにし、初の製作となるショートタイプのシャフトレングスへのアレンジング が軽やかな印象を持ち、トゥキャップを廃したフォルムは、所謂なワークブーツというよりクラシックなローパーブーツなどを思わせる雰囲気です。 またナローバックルも当時のリアルな雰囲気を盛り上げると共に、大袈裟すぎるストロングさがなくスマートな面持ちで このプロダクトには欠かせないディテールとなります。 OLDJOE オリジナルのナローラストは、当時のものをベースに過剰に抑揚つけたりせずに 現代生活者に違和感なく馴染むようにと製作されています。
(HORSE LEATHER) 馬の臀部,ITALY イタリアの原皮を用いて、フルベジタブルタンニンで鞣されるホースバットは、 革の厚みこそはマッシブな印象ですが、たっぷりとオイルを含んでいるのでもっちりとして 肌に馴染むような質感が特徴的となります。 またこの原革は、血栓があまりはいらず量産時のクオリティが高いのも特徴です。 カーフの様なルックスと、カウショルダーかのような肉感を併せ持つ大変に高品質なホースバットとなります。 勿論経年変化による深みも保証します。
(COW SUEDE) 国内の原皮を用いて厚くクローム鞣し染色加脂し床面をバフし起毛させた後にオイルと染料で調色。 そして太鼓でミーリング加工をして柔らかさを出し毛足をラフに仕上げた銀付きベロアになります。 くすんだサンドカラーは雰囲気を盛り上げてくれます。

SIZE
7 1/2(25.5cm)
8 1/2(26.5cm)
9 1/2(27.5cm)

MATERIAL
(BLACK HORSE BUTT),(BLACK BROWN HORSE BUTT)
HORSE LEATHER

(SAND COW SUEDE)
COW LEATHER